2015年12月06日

炊飯器リニューアル

炊飯器が寿命を迎え交換することになりました
DSC00245.JPG
同時に回転釜を撤去し、新しく入る炊飯器を置き換えます
DSC00248.JPG

病院が建設された約11年前、当時は食事を作る効率や衛生環境の改善が主で「おいしいものを時短で安全に」が目標でした。回転釜は大火力で短時間に大量の食材を一度に調理する当時の目標を叶えたマシンの一つです。

R0015045.JPG

ところが最近では私たちのスチコンの使用技術もアップして

活躍する機会がめっきり減りました。


11年間の間に病院食は刻々と変化しました。

患者一人一人の状態にあった食事を提供して早期の回復や

満足度の向上を目指し現在は調理をしています。

結果、多様なメニューや個人対応など多くなり、一度に

大量調理をすることがなくなってしまったのです。



決して回転釜に欠点があるわけではありません。

病院食を取り巻く時代の流れと川久保の食事内容の変化が

回転釜の撤去に繋がりました。




DSC00423.JPG

炊飯器をその場所に設置。

増えている食数に対応するため3段に

各段で稼働する機械ですので故障した際のリスクも減ります。



元の炊飯器の場所にはいずれチルド庫が入る予定です。










posted by エイヨウカ at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする