2016年07月31日

熊本支援

少し前の話になりますが、5月18日から24日の7日間で
全日本民医連栄養部門での熊本支援に行ってきました。
最近では熊本のその後について、報道されることがめっきり少なくなったように感じます。
大部分の時間は職種である調理師の仕事に従事していました。


飛行機から見た益城町周辺です。ブルーシートで屋根を覆った家が多数見えました。
多くの乗客がため息をつきながら写真を撮っていたのが印象的でした。

W800Q75_DSC01758.JPG
W800Q75_DSC01759.JPG

阿蘇くまもと空港に到着しました。急いで開港した雰囲気はありましたが、
復興に対する意気込みがしっかり伝わりました。

W800Q75_DSC02612.JPG

集合場所のくわみず病院です。熊本県庁に近い市内中心部です。

W800Q75_DSC02004.JPG

仕事の合間に職員の方が益城町の現状を見せてくださいました。

W800Q75_DSC01804.JPG

益城町総合体育館です。
避難所に指定されているので炊き出しや車中泊、テント村がありました。

W800Q75_DSC01824.JPG

熊本市内では熊本城のそばにある熊本大神宮の鳥居が
崩落注意となっていました。

W800Q75_DSC02047.JPG

16日の本震で築城当初から残っていた重要文化財が倒壊。
社務所を押しつぶしました。

W800Q75_DSC02078.JPG

7日間の期間、調理師として病院内で働いていたので熊本地震の報道された事を見て、
実感したくらいでした。私が見たのはほんの一部で、被害は沢山あると思いますし、
苦しんでいる方もいます。平穏な生活を取り戻すには時間がかかると思いますが、
これからも支援を継続して復興の手助けになれればと感じました。


posted by エイヨウカ at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。