2020年03月29日

春の訪れ

厳しい寒さが次第に和らぎ始める季節となりました。
新芽が芽吹き、春の訪れを感じさせてくれます。
ドライブをしているとふと山間の道路わきに「ふきのとう」
が頭を出しているのに気付きました。

drive.png


春の野菜には独特の苦みやえぐみが含まれ、これから育つ
ための栄養がたくさん含まれています。

hukinotou.jpg


入院中の患者さんやデイサービスをご利用の方にも春の食材
を食べて頂きたいという思いから、3月の献立では
「なばなのおひたし」やふきのとうを使った
「ふきの酢味噌和え」などを提供しています。

「1月は住ぬる、2月逃げる、3月は去る。」
とも言いますが、2020年もあっという間に4分の1が
すぎようとしています。忙しい日々に少しお疲れの方、
4月からの新しい食事で免疫力をupし、
新年度に向けてパワーを高めていきましょう。
(橋本)
posted by エイヨウカ at 15:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

東日本大震災から9年

2011年3月11日、東日本大震災から今年で9年が経ちました。

栄養科では、被災地に寄り添うという思いを込めて、
3月11日の昼食に岩手県や東北の食材を使った
メニューを提供しました。

R0016284_R.JPG


主菜は「三陸わかめの塩麹蒸し」で、
三陸産わかめと、岩手県産の鱈を使用しました。
わかめの風味が広がり、しっとり蒸しあがった鱈は
おいしく仕上がりました。

副菜の「干し柿なます」には、福島県産の干し柿を使用し、
干し柿の甘味を生かした味が美味しかったです。

主食の「菜の花ご飯」には、岩手県産の菜花を使用し、
彩り良い盛り付けで春を感じる一品でした。

果物とヨーグルトも岩手県で生産されているものを
使用しました。

食札には「絆」がデザインされた文字を印刷しました。
震災のあと、日本中が「絆」という言葉で力を合わせ、
この9年間被災地を応援してきました。
私たちが出来ることは、東日本大震災を風化させないこと、
復興支援を続けることです。

CIMG0354_R.JPG
CIMG0317_R.JPG


栄養科では、被災地の食材を消費することで、
少しでも復興に協力できればと考えています。

毎年3月11日は、食事を通じて患者さん、職員とともに
震災を振り返る1日にしたいと思います。
(岩崎)
posted by エイヨウカ at 21:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

今年度最後の班会⁉

2月27日(木)、大慈寺老人福祉センターに行ってきました。

医療生協河南支部と、大慈寺老人福祉センターの共同開催で、
今回で4回目。2019年末に支部長から依頼を受け、
「元気で素敵な明日のために、学ぼう、
実行しよう 健康に良い食生活」

として講座を行いました。事前に質問もいただき、それに
回答しながら、健康に良い食生活を具体的にお伝えしました。

R0016234_R.JPG


詳しく知りたい方は、ぜひ班会をご依頼ください v(。・ω・。)
盛岡医療生協組織部または、川久保病院栄養科まで
お問い合わせくださいませ〜〜。

当日は、インフルエンザや新型コロナウィルスの流行期という
こともあり、参加者がすわる座布団と座布団の間を広くとる
など配慮され、マスクをかけている方も多かったです。

R0016238_R.JPG


お話と体操の後は毎回好評の
「血管年齢測定と「体脂肪率調査」の健康チェック。

受付で、番号札をお渡しし、その順番で測定、
結果説明までが、とってもスムーズでした。

図1_R.jpg


参加者は36名、健康チェック実施者は17名。
時期が時期だけに、こじんまりな会になるかな…
と心配していましたが、たくさんの方に集まっていただき、
健康でいたいことや、食事への興味・関心が高いことを
改めて実感。その思いに応えられるような講座が、これからも
できるように、日々精進してまいります!ヾ(≧∪≦*)ノ〃
(島田)
posted by エイヨウカ at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする